銀行で即日融資は可能?

銀行で即日融資を受けることはできないの?

銀行は以前より個人向け融資で過剰な貸付を行っているという批判がありました。結果的に、申し込み当日の審査を取りやめて即日融資はできない状況になっています。

 

ただ、口座を持っている銀行なら融資までの時間が短縮できるため、カードローンをスピーディに契約できる可能性があります。

 

銀行が即日融資を停止した理由とは?

過剰貸付が批判されていた

アコムやアイフルなどの消費者金融業者やオリコ、ライフカードといった信販会社のキャッシングは、貸金業法という法律で融資について厳格に規則が定められています。貸金業法で定められている規定で良く知られているものに「総量規制」があります。

 

これは「契約者の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならない」とするもので、これは貸金業者に適用されます。

 

たとえば年収が300万円の人がいたら、アコムで50万円、オリコカードで50万円借りていたら、それ以上の追加融資を受けることはできません。

 

銀行のカードローンは、上限の金利がおおよそ14.5%程度に抑えらており、消費者金融業者の18%に比較すると低金利になっています。そのうえ、貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制の対象外です。

 

総量規制の適用を受けず、高額を借りやすいというのが銀行のカードローンです。さらに融資のスピードも早いとなると利便性は非常に高いものとなります。

 

結果的に、銀行の個人向け融資の貸付額の合計は消費者金融業者の約2倍にまで成長しました。総量規制が導入された要因は消費者金融業者の貸しすぎが問題になったからです。

 

ところが、近年では銀行のカードローンの返済に困って自己破産する人が増えており、それが金融庁から批判されています。銀行は個人に過剰に貸付していると指摘されました。

 

審査体制の不備

2018年1月から、すべての銀行のカードローンで即日融資は不可能になっています。こうなった背景には銀行の過剰融資だけでなく、銀行の審査体制が不備であったことも要因として挙げられています。

 

ほぼすべての銀行のカードローンには保証会社が付いています。

 

保証会社は、契約者にとって保証人の代わりとなる会社です。カードローンは基本的に無担保で保証人が不要です。もし契約者が何らかの理由で返済できなくなったときには、保証会社が代理に返済することになっています。銀行にはまったく損失は出ません。

 

借金が返済不能になったら、保証会社が肩代わりして、その後は債権者として借り手と話し合いをすることになっています。

 

保証会社はこういった責任があるため、契約者の返済リスクを調査します。それが審査です。保証会社がリスクが少ないと判断された人が銀行のカードローンを利用できる仕組みになっています。銀行のカードローンといっても、実際の審査はほとんど保証会社が行っているというのが実態です。

 

保証会社は消費者金融業者や信販会社など審査ノウハウを持っている会社です。銀行が提供しているカードローンであるのに、銀行は審査の内容を把握していないということも多くあります。この審査体制の不備も、即日融資できなくなった要因のひとつとされています。

 

銀行自身が審査をしっかり行うように金融庁から指導が入っています。ごく一部の銀行を除き、ほとんどの銀行で審査体制が整っていないことが発覚しており、今では専業主婦カードローンや即日融資は事実上不可能となっています。

 

警察庁のデータベースとの照会

メガバンクの一角である銀行が反社会的勢力に融資していることが発覚したのは、2013年のことです。より正確には、審査を担当したのは信販会社で、銀行に責任はありませんでした。ところが、実際に融資をしたのは銀行であるため、世間から激しいバッシングが入りました。

 

この事件をきっかけに反社会的勢力への融資を厳しく取り締まるべきという声が高まりました。

 

この取り組みの一環として、全国銀行協会による反社チェックが始まっています。銀行は過去の取引を通じて、反社会的勢力のデータを蓄積していました。これを全国でデータベースとして情報を共有していましたが、事件が発覚して以降、データベースを開放して多くの金融機関が反社チェックをしやすくしています。

 

銀行はより強固に反社チェックを進めるため、警察庁のデータベースへの照会も行うようになっています。反社会的勢力についての情報を最も多く保有しているのは警察です。銀行としては、反社チェックを厳しくしているとアピールしたいという狙いがありました。

 

ところが、この警察庁の反社チェックには時間がかかります。最短でも翌営業日、遅いときには2週間以上もかかるシステムでした。これにより、銀行のスピード審査はほとんど不可能になってしまったという状況があります。

 

大口の融資も自粛傾向

銀行のカードローンには総量規制が適用されませんが、過剰融資が問題視されていることから、業界として自主的に規制する方向性です。これが元に戻ることは考えにくいでしょう。

 

行政や金融庁の方針としては銀行の自主規制に期待するのみに留めて、貸金業者に対する規制のような法整備をすることはないと考えられます。

 

とはいえ、銀行に圧力がかかっていることは事実と推測されています。たとえば2017年の上半期から多くの銀行が大口融資を自粛しています。メガバンクのひとつである「みずほ銀行」は2016年には「年収の2分の1まで」としていた貸付上限を、「最大でも年収の3分の1まで」と一気に引き下げています。

 

三井住友銀行や三菱UFJ銀行も、収入証明書の提出を求める基準を厳格化しており、「50万円を超える申し込みのときには所得証明が必要」としています。この2つの措置はそっくりそのまま貸金業法と同じ基準です。

 

銀行には銀行法が適用されるので貸金業法とは無関係のはずですが、事実上は貸金業法と同じ規制を適用することで、金融庁や行政の批判をかわそうとしていると推測されています。

 

今後は、貸付残高を毎月公表するなどといった動きもあり、銀行から積極的な融資を受けることはますます困難になるでしょう。都市銀行や大手の地方銀行に対しては世間の目も厳しいものがあります。今さら銀行が即日融資の方向性を打ち出すことはないと考えていいでしょう。

 

大手銀行の融資スピード

全国から申し込むことのできる銀行のカードローンは、ほぼすべて即日融資には対応していません。とはいえ、銀行側も努力しており、なるべくスピーディに契約したいと考えています。融資までの時間を短縮できるコツもあります。

 

全国から申し込める銀行カードローンの融資スピード
銀行名 融資スピード
楽天銀行 2~3営業日
みずほ銀行 3営業日程度
住信SBIネット銀行 2週間~3週間
三菱UFJ銀行 最短翌営業日
三井住友銀行 最短翌営業日
りそな銀行 2週間程度
セブン銀行 2週間程度
ソニー銀行 最短翌営業日
イオン銀行 1週間程度
オリックス銀行 1週間~10日程度
じぶん銀行 最短翌営業日
ジャパンネット銀行 1週間程度

 

銀行のカードローンの場合には、その銀行の普通預金口座を持っているかどうかでも大きく融資までのスピードが変わってきます。

 

メインバンクとして使っている銀行なら審査も若干甘くなる傾向もあるため、まずは自分がずっと使っている銀行のカードローンを検討してみましょう。

 

最短で銀行のカードローンから融資を受けるには

利用している銀行に申し込む

給与振込口座や公共料金支払い口座などに指定している銀行は、その人にとってのメインバンクです。多くの人が、給与振込口座をそのまま公共料金の支払い口座として使っているでしょう。この口座からクレジットカードの毎月の引き落としをかけている人も多くいます。

 

このように普段から利用している銀行のカードローンは、普通預金口座をアクティブに使っているので銀行からの信用力もあります。そのため、カードローンを申し込むと融資を受けるまでの時間が短縮できます。

 

一部の銀行を除き、ほとんどの銀行では普通預金口座を持っている人を対象にローン商品を使えるようにしています。

 

みずほ銀行を利用している人がみずほ銀行カードローンに申し込むと、口座開設の手間を省くことができるだけでなく、自分の持っているキャッシュカードがそのままローンカードになります。そのため、審査に通ったらすぐにATMを利用して借入ができます。

 

逆に考えると、利用を検討している銀行カードローンがあるとき、その銀行の普通預金口座を持っていないときには融資までの時間がかかると言っていいでしょう。

 

カードローンと普通預金口座の同時申し込み可能というカードローンも多くありますが、口座開設に時間がかかるので、申し込みから契約して借入可能になるまでに1週間以上もかかってしまうことは良く起こることです。

 

そのため、急ぎの融資を希望している人は、自分のメインバンクのカードローン商品を検討しましょう。

 

融資までの時間短縮のコツ

1.必要書類の準備

融資までの時間短縮のためには、まず申し込みから審査までをスムーズに済ませましょう。使おうとしている銀行のカードローンを決めて、必要書類をいつでも出せるようにしておきます。

 

多くの場合、銀行のカードローンに申し込むときに必要なのは以下の書類です。

 

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票や給与明細書など)

 

利用するところによって必要書類は異なりますが、おおよそこの2つが揃っていれば問題ないでしょう。多くの場合は本人確認書類だけで済みますが、念のために公式サイトで確認しておきましょう。

 

2.ネットで申し込み

カードローンの申し込みには電話や店頭窓口、郵送など様々な方法がありますが、少しでも早く融資を受けたいときにはインターネットによる申し込みを選択しましょう。多くの銀行のカードローンは審査を保証会社が担当しています。

 

電話や店頭窓口などでは申し込み内容を保証会社に伝えるときに手間がかかります。その分だけ融資までの時間は延びてしまいます。インターネットなら銀行側は申告した内容をそのまま保証会社に送信するだけですので、保証会社がすぐに審査を始められます。

 

3.銀行口座へ振込

最短で融資を受けるには、銀行口座への振込融資が良いでしょう。ただし、振込融資は平日の午後3時までに申請する必要があるので注意が必要です。ローンカードの発行にはどうしても何日か時間がかかります。

 

振込融資なら、契約が完了したらすぐに申請することが可能です。インターネットで申し込んで、必要書類もネットで送信して審査を受けて、振込融資というのが最短です。

 

最短融資での注意点

銀行のカードローンから最短で融資を受けるには、申し込みは平日にしましょう。

 

銀行カードローンの多くは土日祝日には審査を実施していません。申し込みそのものは土日祝日でも可能ですが、審査の回答は翌営業日以降になるので、即日融資はまったく不可能です。

 

また、申し込みでは申告内容を正確に入力しましょう。曖昧な記憶で入力するのではなく、明確な数値を間違いなく入力し、良く確認してから送信しましょう。誤った内容を申告してしまうと審査に時間がかかるだけでなく、審査落ちしてしまうリスクがあります。

 

申し込み内容の記入ミスは非常に多いことも報告されています。思い込みで入力するのではなく、いったんメモに書き出してから1つずつ丁寧に入力しましょう。利用限度額は必要最低限にするのも、審査のスピードアップにつながります。

 

限度額が高いほど審査は慎重になり、その分時間がかかります。在籍確認が取れる状態にしておくことも大切で、そのためにも平日に申し込みすると良いでしょう。

 

会社のパソコンを使うのも問題があるので、平日の昼間の空き時間に自分のスマートフォンで申し込んで必要書類も提出し、在籍確認の連絡を待ちましょう。この方法が最も早く融資を受けられます。

 

限りなく即日融資に近い銀行カードローン

みずほ銀行

 

みずほ銀行カードローンの基本スペック
名称 みずほ銀行カードローン
金利 年率2.0%~14.0%
借入限度額 最大800万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

 

【申込資格】
  • 20歳以上65歳未満
  • 地域制限なし
  • 専業主婦は申し込み不可、年金受給者は可能

 

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に本人名義の普通預金口座があるとき、申し込みの手続きは非常にスピーディになります。契約が完了してキャッシュカードのローン機能に情報が反映されれば即時で借入が可能になります。

 

口座の開設時点でかなりの情報はみずほ銀行側でチェック済みですので、手続きはかなり早く終わります。

 

融資額は最大で800万円となっていますが、契約当初は30万円から50万円程度に抑えられるのが普通です。金利はメガバンクらしく低金利で利用しやすいローンです。審査は株式会社オリエントコーポレーションが実施することになっています。

 

この会社はクレジットカード事業やオートローンなどを手掛ける信販会社で、高額の貸付も得意な会社です。

 

ソニー銀行

ソニー銀行カードローンの基本スペック
名称 ソニー銀行カードローン
金利 年率2.5%~13.8%
借入限度額 最大800万円
保証会社 アコム株式会社

 

【申込資格】
  • 満20歳以上65歳未満
  • 地域制限なし
  • 専業主婦、年金受給者、学生、パート、アルバイト可能

 

様々な属性の人が申し込めるネットバンクのカードローンとして知名度が高まりつつあります。

 

ソニー銀行カードローンで手続きをスピーディにするには、まずはこの銀行の普通預金口座を持っている必要があります。ソニー銀行はネットバンクで、カードローンの申し込みも会員用のサイトにログインして行います。

 

パソコンまたはスマートフォンから会員サイトにログインして、申し込み手続きをすると仮審査は最短1時間程度で完了します。

 

その後の本審査でどの程度の時間がかかるかによって融資までのスピードが変わります。早ければその日のうちに審査の可否が通知されます。

 

審査に通過できれば、そこからはネットバンクならではのスピードで借入することも可能です。ネットで申し込みから借入までスムーズに済ませることができる点がメリットと言えるでしょう。

 

ジャパンネット銀行

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの基本スペック
名称 ジャパンネット銀行ネットキャッシング
金利 年率2.5%~18.0%
借入限度額 最大1000万円
保証会社 SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社

 

【申込資格】
  • 20歳以上70歳未満
  • 地域制限なし
  • 専業主婦、年金受給者も可

 

ジャパンネット銀行では、「カードローン」ではなく「ネットキャッシング」という名称を使っています。実際にはカードも発行されますし、ネットバンクならではのサービスもあり、利便性は高いローン商品です。金利が若干高めの設定という点がデメリットでしょう。

 

手続きをスピーディに行うには、ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っているだけでなく、平日の午前9時から午後2時までの契約を完了することが大切です。初回のみ他の金融機関の口座への振込融資も可能です。

 

銀行のローンとしては珍しく、30日間無利息サービスを提供しています。どれだけ借入しても、30日間はまったく利息がかかりません。10万円借りて、30日以内に10万円返済すれば完済となります。

 

常陽銀行

常陽銀行「キャッシュピット」の基本スペック
名称 キャッシュピット
金利 年率2.5%~14.8%
借入限度額 最大800万円
保証会社 アコム株式会社

 

【申込資格】
  • 20歳以上70歳未満
  • 地域制限なし(全国から利用可能)
  • 専業主婦、年金受給者、学生、パート・アルバイト可

 

常陽銀行は地方銀行ですが、インターネットを通して全国から申し込めて利便性も高い個人向けローン商品を提供しています。

 

最短で即日融資も可能と言われていますが、自動契約機は設置していないので常陽銀行の口座に振込で融資という形になります。そのため、常陽銀行の普通預金口座を持っていることが条件となります。

 

保証会社が消費者金融業者として知られるアコムが行っている点からも審査がスピーディで柔軟であることが期待できます。

 

まとめ

銀行のカードローンで即日融資というのは困難ですが、その銀行の普通預金口座を持っていれば、かなり融資までの時間が短縮できます。お金借りる方法として、まずは自分のメインバンクのカードローンを検討してみましょう。